Google webを検索 このサイト内 を検索

義肢・装具

1.義肢

1)義足

失われた足の代わりに用いられます。
支持部材の構造・形状によって、骨格構造義足と殻構造義足に分けられます。

leg2.jpg

骨格構造義足

金属支柱を用いスポンジ等にて外装を整えます。

leg1.jpg

殻構造義足

外装は、木やプラスチックで製作されます。

~マメ知識~
 中世のヨーロッパでは、ブリキ製の非常に重い義足が使われていました。その後、筒状の殻構造義足が使われるようになり、現在も使用されています。
 骨格構造義足は、パーツを組み合わせて作ります。年齢や身体能力等を考慮して、使う人に適した義足を作成することが可能なので、最近ではほとんどの人が骨格構造義足を使っています。
 今の義足は、日常生活では充分な能力が発揮できるまでに、工夫と改良が加えられています。

2)義手
hand2.jpg失われた手の代わりに用いられます。
使用目的によって、装飾用義手、作業用義手、能動義手に分けられます。

装飾用義肢
外観の復元を目的にした義手です。

hand3.jpg
作業用義手
手による作業能力を回復する義手です。

hand4.jpg
能動義肢
ワイヤーを動かすことで肘やフックを動かし、軽作業をする義手です。

※その他にも切断部位や使用目的などに応じて、様々な義手があります。

2.装具

1)下肢装具
 下肢装具は、歩行能力や立位の保持、拘縮・変形の予防および矯正、不随意運動の抑制、体重の支持・免荷を目的として用いられます。

○長下肢装具
 下肢による支持性をほとんどなくした人が使います。2本の丈夫な長い支柱により構成されています。

○短下肢装具
 最も多く使われています。足関節の運動範囲、筋力、使用場所によりいろいろなものがあります。
○靴型装具
 足の変形や脚長差、神経麻痺による運動障がいがある人が使います。短靴、チャッカ靴、半長靴、長靴などの種類があります。

foot2.jpg

長下肢装具

leg3.jpg

短下肢装具

shues-type.jpg

靴型装具

※その他にも、障がい状況や使用目的に応じた下肢装具があります。

2)上肢装具
hand1.jpg 上肢装具は、機能を失った筋力の代用、弱い筋や関節の補助、固定などを目的として用いられます。

手背屈装具
 前腕から手掌を覆います。手関節を適切な位置に保ちます。ペンやスプーンなどを取り付けて使うこともできます。

※その他にも障がい状況や機能に応じた上肢装具があります。

3)体幹装具
waist-type.jpg
 体幹装具は、障がい部位の固定又は保持、体幹の変形防止及び矯正、不随意運動の抑制を目的として用いられています。

腰椎装具(硬性)
 使用部位により、胸椎装具、腰椎装具、仙腸装具などがあります。障がいの程度や活動状況などにより軟性・硬性などの材質のものがあります。軟性の材質は主に繊維が使用され、硬性の材質はプラスチックが使用されています。

~マメ知識~
 義肢・装具の歴史はとても古く、古代エジプトの壁画に、障がい者であろう人物が杖を使用しているの絵があるのは有名です。義肢・装具は、中世のヨーロッパにおいて改良が加えられ、現在の補装具の原型が完成しました。

egipt.gif

3.座位保持装置
support1.jpg
 座位保持装置は長時間座位をとることが出来ない人、自力で座位を保持できない人に対して使用される用具です。平面形状型、モールド型、シート張り調整型などがあります。 
【写真は平面形状型】

 座位保持装置は構造フレームに必要部位に必要な部品を取り付けて製作していきます。