Google webを検索 このサイト内 を検索

【小児聴力検査】

難聴やことばの遅れの早期発見・早期治療

 難聴には、先天性と後天性のものがあります。種類により感音性、伝音性、混合性難聴とに分けられ、程度により軽度、中等度及び高度難聴に分けられます。
 人は一般には、生後1歳から2歳で言語を獲得しますが、それ以前、例えば出生時より難聴が存在し、かつ高度であるほど言語の獲得が困難となり、言語を使ってのコミュニケーション障がいが生じ、日常生活上の不便も生じることになります。このため、「音に対しての反応が弱いのではないだろうか」あるいは「言葉の発達が遅れているようだ」といった心配があれば、早目に聴覚の精密検査を受けることをお勧めします。
 難聴と診断された場合、その種類や程度を見極めた上で、必要ならば補聴器を装用し、できるだけ早期に音の情報を入れる必要があります。場合によっては、人工内耳埋め込みなどの治療が必要かもしれません。早期発見・早期治療が重要です。 

 平成21年度からは、県下全域で新生児の聴覚スクリーニング検査が行われるようになりました。精密検査が必要と言われると、周囲は大変不安な思いをされるでしょうが、スクリーニングで要精密検査と言われても、必ずしも難聴があるとは限らないし、一つの検査だけで評価すべきでないとも言われています。発達に応じて検査を組み合わせ、繰り返して行うことが大切です。

 市町村の保健センター等で実施される乳幼児健診では、3歳児健診時に聴覚に関しての検査があり、他の時期の健診には含まれていません。
 センターは、乳幼児を対象とした種々の聴力検査装置を備え、新生児スクリーニング検査後の精査をはじめ、年齢や発達に応じた検査を行っています。 
 聴力の判定が難しいとされる、発達遅滞を伴った乳幼児の聴力検査も行っていますので、3歳児健診だけでなく、その他の健診後にも、心配があるときには、随時ご相談ください。

対象

難聴やことばの遅れが疑われる乳幼児(精神発達遅滞児を含みます)

聴力検査のいろいろ

年齢や発達に応じた検査ができます。

1.自覚的検査

聴性行動反応聴力検査 BOA(behavior observation audiometory):新生児~1歳以下

 生まれてから3ヶ月頃までは、音による反射(手足をびっくりしたように伸ばして抱きつくような動きをする、まぶたを閉じる・開く、乳を吸うように口唇を動かすなど)を検査して、聴力を測ります。
 3ヶ月を過ぎると、笑う、泣く、音源(鈴や太鼓など)の方向に目を向けるなどの音に対する行動反応を検査して、聴力を測ります。

条件詮索反応聴力検査 COR(conditioned orientation response audiometory):生後6ヶ月~2歳半位まで

cor.jpg 前方の左右両側に電灯のつく人形とスピーカーを置きます。
 音と光によって動作の条件づけを行った後、音だけを出して、その反応によって聴力を測定します。

遊戯聴力検査(play audiometory):2歳以上
play-test3.jpgplay-test1.jpg
 子どもが好む遊具を用いて、音が聞こえたら遊戯ができるような方法で聴力を判定します。両耳で検査するため、左右それぞれの聴力は測定できません。

標準純音聴力検査 : 3歳以上
std-test.jpg
 ヘッドフォンから出る音が、聴こえる、聴こえないの意思表示をさせて、左右それぞれの聴力を測定します。気導聴力と骨導聴力を測定する、一般的な聴力検査です。難聴の原因がわかります。

※気導聴力:外耳道から鼓膜を介して内耳(聴こえの細胞)に伝わる音
 骨導聴力:頭蓋骨を介して直接内耳に伝わる音

2.他覚的検査


聴性脳幹反応検査 ABR(auditory brainstem respons):新生児~ 
abr-left.jpgabr-right.jpg

 眠った状態で脳幹を刺激し、その反応を測定して、聴力を測定します。新生児や精神発達遅滞児(者)などの聴力を客観的に検査します。左右それぞれの聴力を知ることができますが、高音域しか検査できないため、低音域など聴力全体を測るには、他の乳幼児聴力検査を繰り返し併用して行う必要があります。

ティンパノメトリー(tympanometory)
tinpa.jpg
 鼓膜の働きを調べる検査です。
 鼓膜の奥に液が貯まっていないか、鼓膜が陥没していないかなどを知ることができます。
 小児に多い滲出(しんしゅつ)性中耳炎や耳小骨の異常などの発見に役立ちます。

発達検査

総合的に判断するために、発達の検査を組み合わせて行います。

乳幼児発達検査
 ことばの遅れには知的な面が影響を与えていることもあります。臨床心理士が、精神発達面を診る遠城寺式乳幼児発達検査や田中・ビネーなどの知的検査を行います。

言語学習能力検査ITPA(Illinois Test of Psycholingustic Abilities)

 聴こえとことばの発達についての関連性をみる検査です。言語聴覚士が行います。